メルセデス車 人気のパナメリカーナグリル☆

2020/11/21 16:34

メルセデス パナメリカーナグリル

毎度、毎度、クラフトマンの「フ」デス。

 

Wikiでパナメリカーナグリルを調べてみると、

1950~1954年に開催されていた

メキシコ縦断公道レースに

ヨーロッパの自動車メーカーが集結。

 

このメキシコ縦断公道レースが、

カレラ・パナメリカーナ・メヒコです。

 

おやっと思った方もおられるでしょうが、

カレラはポルシェが車名に。

 

パナメーラは、

パナメリカーナをイメージした造語のようです。

 

1952年に優勝した300SLに採用されていた

縦型フィンのグリルが

パナメリカーナグリルと名付けられました。

 

その後、AMGの最強グレードにも採用。

↑ ノーマル(AMG C43)

 

ノーマルのダイヤモンドグリルは、

華やかでかっこいいですが。

↑  交換後

(オールブラックタイプ、他にフィンの表面がクロームのタイプもあります)

 

パナメリカーナグリルに交換すると、

スポーティーさが、グッと増しますね。

 

メルセデスオーナー様に、

おすすめのアイテムですw

 

クラフトマンまで

お気軽にお問合せください☆

*担当:フクシマ

*TEL:086-245-0459

<メールでのお問合せは、コチラをクリック>

*営業時間:AM10:00~PM7:00

*定休日:火曜、第2、4水曜日(営業の場合もあります)